For a Few Dollars More (1965) / 夕陽のガンマン

『夕陽のガンマン』(伊: Per qualche dollaro in più、英: For a Few Dollars More、原題の意味は「もう数ドルのために」)は1965年のイタリア制作のマカロニ・ウェスタンである。監督はセルジオ・レオーネ、出演はクリント・イーストウッド、リー・ヴァン・クリーフ、ジャン・マリア・ヴォロンテ。他にドイツ人俳優クラウス・キンスキーも悪役で出演している。日本とアメリカでは1967年に公開され、「ドル箱三部作」の第2作目に当たる。

 ・ amazon : For a Few Dollars More (1965) / 夕陽のガンマン
 ・ amazon prime : For a Few Dollars More (1965) / 夕陽のガンマン
 ・ Youtube : For a Few Dollars More (1965) / 夕陽のガンマン

For a Few Dollars More (1965) / 夕陽のガンマンのあらすじ

2人の賞金稼ぎ、名無しの男(イーストウッド)とダグラス・モーティマー大佐、通称「黒ずくめの男」(ヴァン・クリーフ)は麻薬中毒の凶暴なギャング“エル・インディオ”(ジャン・マリア・ヴォロンテ)の首にかけられた賞金を狙う。インディオは西部で最も恐れられている悪党だった。2人の凄腕の賞金稼ぎが時に協力しながら、時にお互いを出し抜きながらインディオを追い詰めていく。

For a Few Dollars More (1965) / 夕陽のガンマンのストーリー

マンゴー(C・イーストウッド)は若い男で激しい性格、物事はすばやく片づけるのが得意だ。もう一人、大佐(L・V・クリーフ)と呼ばれる男は初老で、身のこなしも上品、冷静に計算してから仕事を片づける。この二人お互いに相手を知らなかったが、共通の目的はインディオ(G・M・ポロンテ)と呼ばれる凶悪な殺人鬼を探し、殺すことだった。賞金は二万ドル。マンゴーと大佐の出会いは、お互いの不信から決闘寸前にまでいったが、血を見ずに終り、共通の目的を果たすために手を結んだ。もちろん賞金は山分け、ということで……。このときインディオは牢獄を脱走し、仲間と一緒にエル・パソの銀行を襲撃する計画を練っていた。これを知った二人は、一人がインディオの仲間に潜入し、手引きをした末に彼を殺すことに決める。そしてマンゴーが潜入する役を引きうけることになった。銀行襲撃の日、インディオ一味に加わったマンゴーは内部から、大佐は外からインディオを倒す手はずを整えた。ところが素早いインディオの動きのため、計画は失敗。舞台はメキシコ領の小さな村に移された。ここで略奪品に手を出したマンゴーと大佐は、インディオの手下に捕えられてしまった。だが二人を助けて自分の手下を殺させ、その上で二人を殺そうというのがインディオの考えだった。結果、二人の銃弾に手下は皆殺しになるが、大佐はインディオの銃の前に立たされてしまった。懐中時計のオルゴールが鳴りやめば大佐の命は消える。このときマンゴーが現れ、彼の立会いの下、大佐とインディオの決闘が行なわれることに……。銃声が轟き、インディオは倒れた。復讐を遂げた大佐は、賞金の山分けを辞退した。 (Movie Walker)

関連記事

  1. The Wild Bunch (1969) / ワイルドバンチ

  2. Will Penny (1968) / ウィル・ペニー

  3. Hud (1963) / ハッド

  4. The Good, the Bad and the Ugly (1966) / 続・夕陽のガンマン

  5. Butch Cassidy and the Sundance Kid (1969) : 明日に向って撃て!

  6. Once Upon a Time in the West (1968) / ウエスタン

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。