Lonely Are the Brave (1962) / 脱獄

1962年製作のアメリカ映画。監督はデヴィッド・ミラー。出演はカーク・ダグラス、ジーナ・ローランズ、ウォルター・マッソー、マイケル・ケイン、キャロル・オコナー、ウィリアム・シャラート、ジョージ・ケネディ、カール・スウェンソン、ウィリアム・ミムズ、マーティン・ガラーラガ、ラロ・ライオス、ビル・ビクスビー、ジョージ・ケイマス、ハリー・ローター、ビル・ライシュ他。

Lonely Are the Brave (1962) / 脱獄のあらすじ

カウボーイのジャック・バーンズ(ダグラス)は、親友のポール・ボンディ(ケイン)の妻ジェリー(ローランズ)からポールが投獄されたと聞き、彼を脱獄させるために自ら同じ刑務所に入ることにする。ポールが脱獄して逃亡生活を送るよりも2年の刑期を務めあげることを望んでると知ったバーンズは、彼を置いて逃亡し、保安官のモーレイ・ジョンソン(マッソー)たちに追跡されることになる……。
(Sound Track Review)

Lonely Are the Brave (1962) / 脱獄のストーリー

カウボーイのジャック・バーンズ(カーク・ダグラス)は、愛馬ウィスキーとともに、親友の作家ボンディ(マイケル・ケイン)を救うためニュー・メキシコにやってきた。1953年のことだ。ボンディはバーンズの昔の仲間だったが女流画家のジェリー(ジーナ・ローランズ)と結婚し、子供ができてからは堅気な家庭生活を送っていた。ところが正義漢の彼は、メキシコ難民をアメリカに密入国させてやったために、刑務所に入れられてしまったのだ。バーンズは、自分も刑務所に入って、親友ボンディと共に脱獄する計画をたてた。だが実はバーンズを秘かに愛していたジェリーは、自分を心の中で愛してくれているバーンズが危険を冒すことをとめた。しかしバーンズは、わざと騒ぎをおこして刑務所に入り、ボンディに会った。が、ボンディは脱獄に同意しなかった。堂々と刑を受けるというのだ。しかたなしにバーンズは1人で脱獄、彼は山地に逃れた。保安官ジョンソンは、ジープやヘリコプターなどを使って、彼を追った。逃走を続ける彼は、メキシコ国境にやってきた。あと国道60号をこえればメキシコである。そこで愛馬ウィスキーが、行きかう流星のような自動車のヘッド・ライトにたちすくんでしまい、巨大なトラックにはねられてしまった。重傷を負ったバーンズは、救急車でデューク・シティに運ばれる。それまでバーンズを見たこともない保安官のジョンソンが、バーンズにつきそっていた。(Movie Walker)

関連記事

  1. Hud (1963) / ハッド

  2. The Man Who Shot Liberty Valance (1962) / リバティ・バランスを射った男

  3. A Fistful of Dollars (1964) / 荒野の用心棒

  4. Once Upon a Time in the West (1968) / ウエスタン

  5. Major Dundee (1965) : ダンディー少佐

  6. Will Penny (1968) / ウィル・ペニー

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。