Last of the Mohicans (1992) / ラスト・オブ・モヒカン

『ラスト・オブ・モヒカン』(The Last of the Mohicans)は、1992年のアメリカ映画。原作はジェームズ・フェニモア・クーパーの小説『モヒカン族の最後』
監督:マイケル・マン 主演:ダニエル・デル=ルイス

Last of the Mohicans (1992) / ラスト・オブ・モヒカンのあらすじ

1757年、イギリスとフランスがアメリカで戦ったフレンチ・インディアン戦争のさなか。コーラ(マデリーン・ストウ)とアリス(ジョディ・メイ)の姉妹は、イギリス軍指揮官の父マンロー大佐の元に向かっていたところを、フランス軍と同盟しているヒューロン族のマグアに襲撃された。そこを救ったのが、モヒカン族首長のチンガチェックと2人の息子ウンカスとホークアイである。ただし、ウンカスは実の子だが、ホークアイ(ダニエル・デル=ルイス)は白人の養子である。
コーラとホークアイは恋に落ちるが、以前からコーラに求婚していたヘイワード少佐(スティーヴィン・ウォディントン)が嫉妬心からホークアイを逮捕してしまった。しかし、イギリス軍は戦闘で敗北し、彼らは共に逃亡することとなる(マンローは戦死)。その中で、アリスとウンカスも恋に落ちる。
最終的に、コーラとアリスはヒューロン族に捕らえられた。ヘイワードはコーラを釈放させるために身代りとして自らを処刑させた。ウンカスはアリスを助けようとして殺され、アリスも自殺した。
チンガチェックはマグアを決闘で倒しウンカスの仇討ちをなすが、彼の血を継ぐものはもうおらず、自らを「最後のモヒカン族 (The Last of the Mohicans)」と呼ぶのだった。

関連記事

  1. Unforgiven (1992) / 許されざる者

  2. Dances with Wolves (1991) / ダンス・ウィズ・ウルブス

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。