Unforgiven (1992) / 許されざる者

『許されざる者』(原題:Unforgiven)は、1992年公開のアメリカ映画。製作会社はワーナー・ブラザーズ、監督・主演はクリント・イーストウッド。脚本はデイヴィッド・ウェッブ・ピープルズ。イーストウッドが、師と仰ぐドン・シーゲルとセルジオ・レオーネに捧げた「最後の西部劇」。
第65回アカデミー賞 作品賞受賞作品。『シマロン』、『ダンス・ウィズ・ウルブズ』に続き、アカデミー作品賞を受賞した3作品目の西部劇である。

 ・ Youtube movie : Unforgiven (1992) / 許されざる者

 ・ amazon prime video : Unforgiven (1992) / 許されざる者

2013年、舞台を日本に置き換えたリメイク映画が渡辺謙主演で制作された。

Unforgiven (1992) / 許されざる者のあらすじ

1881年のワイオミング準州。ロッキー山脈を望むビッグ・ウィスキーという町の酒場で、娼婦と客の間にトラブルが起こった。客のカウボーイ、クイック・マイクが、娼婦のデライラの態度にケチをつけて、彼女の顔をナイフで切ったのだった。クイック・マイクともう一人のカウボーイ、デービー・ボーイは、酒場の主人スキニーに取り押さえられ、保安官のリトル・ビル・ダゲット(ジーン・ハックマン)に突き出される。リトル・ビルは、カウボーイ二人が七頭の馬をスキニーに引き渡すことで、一件を落着させた。この裁定にスキニーは満足したが、娼婦たちは納得せず、年長のストロベリー・アリスが、娼婦たちの有り金とこれからの稼ぎをまとめ、1000ドルの賞金を二人のカウボーイの首にかけることにした。そして娼婦たちは、この事を町に寄る客のカウボーイ達に触れ回ったのであった。折しも季節は、カウボーイたちが牛を連れ、大平原を南へ移動する頃であり、この話は尾ひれをつけながら口伝えで広まっていった。
一方、カンザスの田舎では、伝説的なアウトローのウィリアム・マニー(クリント・イーストウド)が暮らしていた。マニーはかつて列車強盗や保安官殺しで名を馳せた悪党だったが、11年前に妻と出逢ってからは改心し、農夫となっていた。二人の子供にも恵まれたマニーだったが、三年前に妻には先立たれ、農業もうまくいかず、一家はひどい貧困に喘いでいた。
そんな或る日、スコフィールド・キッド(ジェームズ・ウールビット)と名乗る若い男がマニーを訪れ、賞金を山分けにするのでワイオミングへカウボーイ二人を殺しに行かないかと持ちかける。一旦断ったマニーだったが、子供たちの将来のために金が必要だった彼はこの話に乗り、キッドを追いかけることにした。その途中、マニーは近くに住む昔の悪党仲間の一人で、同じく足を洗って農夫をしているネッド・ローガン(モーガン・フリーマン)の所に、留守中の子供たちの世話を頼むために立ち寄るが、賞金を三等分するという条件でネッド・ローガンもこの話に乗り、連れ立ってキッドの後を追うことになる。ネッドは、スペンサー・ライフルを使う射撃の名手だった。

関連記事

  1. Last of the Mohicans (1992) / ラスト・オブ・モヒカン

  2. Dances with Wolves (1991) / ダンス・ウィズ・ウルブス

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。