The Wild Bunch (1969) / ワイルドバンチ

『ワイルドバンチ』(原題: The Wild Bunch) は、1969年製作のアメリカ合衆国の映画。サム・ペキンパー監督による西部劇。時代の波に取り残された無法者たちの滅びの美学を描いた作品であり、西部劇に引導を渡した「最後の西部劇」と呼ばれている。ペキンパーの最高傑作として高く評価されている。定義にもよるが「アメリカン・ニューシネマ 」の一つとされる。

 ・ Youtube : The Wild Bunch (1969) / ワイルドバンチ

The Wild Bunch (1969) / ワイルドバンチのあらすじ

1913年、テキサス州国境の町サン・ラファエル。パイク・ビショップ(ウィリアム・ホールデン)率いる強盗団の“ワイルドバンチ”は、騎兵隊を装い鉄道事務所の銀貨強奪を図る。しかし牢獄からの釈放を条件に鉄道会社に雇われたかつての旧友デケ・ソーントン(ロバート・ライアン)に指揮された賞金稼ぎたちに待ち伏せされ、銀貨強奪には失敗し、パイクたちはメキシコへ逃走する。
賞金稼ぎたちとの銃撃戦で生き残ったのは、パイクの他にダッチ・エングストローム(アーネスト・ボーグナイン)、ライルとテクターのゴーチ兄弟、エンジェル(ジェイミー・サンチェス)の4人だけだった。国境を越えてエンジェルの故郷の村に着いたパイクたちは、村が政府軍のマパッチ将軍(エミリオ・フェルナンデス)に脅かされている事を知る。更にエンジェルは、恋人テレサがマパッチに連れて行かれた事を知って嘆く。
 ソーントンと賞金稼ぎたちの執拗な追跡をうけて、逃げる場所のなくなったパイクたち一団は、マパッチ将軍のメキシコ政府軍が本拠地とするアグア・ベルデに逃げ込む。そこでエンジェルは、テレサがマパッチの膝の上に乗っているのを見て逆上し、彼女を射殺してしまう。エンジェルは暗殺を企てたとして政府軍に捕らえられるが、マパッチを狙ったのではないと分かりすぐに釈放される。エンジェルを引き取ったパイクは、1万ドルの報酬でアメリカの軍用列車から武器を奪うようマパッチから依頼される。
列車強盗を成功させ、約束通り武器を政府軍に引き渡そうとするパイクたち。マパッチ将軍の裏切りを予測していたパイクは、武器を小分けにすることで身の安全を図る。マパッチは渋々報酬を支払ったが、ダッチとエンジェルが交渉に向かった時に問題が起きる。マパッチを憎むエンジェルが武器の一部を反政府ゲリラに渡した事が政府軍に漏れていたのだ。それを知ったマパッチは、エンジェルを捕まえ残酷なリンチを始める。
仲間を見捨てる事が出来なかったパイクは、エンジェルを助ける為、たった4人で二百人を越すマパッチ軍に乗り込んでいく。

関連記事

  1. The Magnificent Seven (1960) / 荒野の7人

  2. Ride the High Country (1962) / 昼下りの決斗

  3. Lonely Are the Brave (1962) / 脱獄

  4. The Good, the Bad and the Ugly (1966) / 続・夕陽のガンマン

  5. Once Upon a Time in the West (1968) / ウエスタン

  6. Hud (1963) / ハッド

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。