Major Dundee (1965) : ダンディー少佐

ダンディー少佐(Major Dundee)はサム・ペキンパー監督、チャールトン・ヘストン主演の西部劇映画。出演は、チャールトン・ヘストン、リチャード・ハリスのほかにジム・ハットン、ジェームズ・コバーン、マイケル・アンダーソン・ジュニアなど。

 ・ amazon : Major Dundee (1965) / ダンディー少佐
 ・ amazon prime : Major Dundee (1965) / ダンディー少佐
 ・ Youtube : Major Dundee (1965) / ダンディー少佐

Major Dundee (1965) / ダンディー少佐のあらすじ

凶悪なアパッチによって民間人が虐殺されるという事件が起こった。北軍少佐ダンディー(チャールトン・ヘストン)は、報復のために軍を組織する。捕虜として捕らえられていた南軍将校タイリーン(リチャード・ハリス)は、待遇改善と引き換えに、南軍兵士を軍に参加させるが……。南北戦争を背景に、共通の敵をもった両軍兵士の戦いを描いたアクション大作。

Major Dundee (1965) / ダンディー少佐のストーリー

1864年、第五騎兵隊B中隊は伝令に出たライアンを残して、狂暴なアパッチの酋長チャリバの奇襲を受けて全滅した。本部ベンリン砦では、ダンディー少佐(チャールトン・ヘストン)が腹心の部下グレアム中尉と、チャリバ討伐の志願兵を募っていた。その中には南軍の捕虜や脱走兵もまじっていた。捕虜の中のタイリーン大尉(リチャード・ハリス)とダンディーは士官学校の同期生であり、親友だったが、その友情も今は憎しみに変わっていた。しかし大尉は、チャリバを討伐するまでという約束で隊に加わった。チャリバがメキシコの奥地に入ったという報告を受けたダンディーは出発した。しかし、戦闘で3分の1の隊員を失い、その上チャリバを逃してしまった。その当時メキシコでは、フランス軍とファレス派の自由メキシコ軍が戦っていた。ダンディはフランス軍を襲い、武器や馬を奪った。だがその日から騎兵隊は、フランス軍の大部隊の追撃を受けることになった。ダンディーは足を負傷し、酒びたりの毎日だったが、彼を救ったのはタイリーンだった。タイリーンは約束を果たしたら、この手でダンディーを殺すと言った。リオ・ブラボー近くの谷で、ついにチャリバを倒した。ダンディーとタイリーンが対決した時、フランス軍が追ってきた。ダンディーは、リオ・グランデへの退却を命じた。河をわたればテキサスだが、そこにも敵が待ちうけていた。ダンディーとタイリーンは再び手を結び、フランス軍と戦った。河は血に染まり、星条旗はフランス軍に奪われた。タイリーンは旗を奪い返した。しかし彼が高々と星条旗をかかげた時、敵弾が彼の胸を射た。そして背後に迫った敵の只中に単身躍りこみ、壮烈な戦死をとげた。生き残った11名の男たちは、星条旗と南軍の旗をかかげテキサスへと向かった。

関連記事

  1. Once Upon a Time in the West (1968) / ウエスタン

  2. A Fistful of Dollars (1964) / 荒野の用心棒

  3. Lonely Are the Brave (1962) / 脱獄

  4. The Magnificent Seven (1960) / 荒野の7人

  5. Butch Cassidy and the Sundance Kid (1969) : 明日に向って撃て!

  6. For a Few Dollars More (1965) / 夕陽のガンマン

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。