Blood on the Moon (1948) / 月下の銃声

月下の銃声(Blood on the Moon)は、ロバート・ワイズ監督、ロバート・ミッチャム主演の西部劇映画。流れ者のカウボーイ、ジムは昔なじみのテイトを訪ねた。しかし、テイトがある陰謀を企んでいると知り、彼と対立する側に加わることにする─。

Blood on the Moon (1948) / 月下の銃声のストーリー

昔馴染のテイト(ロバート・プレストン)に呼ばれてサン・ダストの町へ出かけたジム・ギャリイ(ロバート・ミッチャム)は、途上牛飼いのラフトン(T・タリイ)に会ったが、その娘エミイ(バーバラ・ベル・ゲデス)はひどく彼に冷たくあたった。それというのも、テイトが町のインディアン管理人ピンダレスト(F・フェイレン)と肚を合わせラフトンを排斥しようとしていたからで、これを知ったジムは旧友とはいえテイトの行為に賛成できなかった。テイトはラフトンの長女キャロル(フィリス・サクスター)が彼を恋しているのを幸い、彼女からラフトンの情報を得て不意打ちを加えたりし、仲間のクリス(ウォルター・ブレナン)の独り息子フレッドを殺すに至ったので、ジムは断然テイトと手を切ることにした。怒ったテイトと彼は大格闘したが、これを知ったエミイははじめてジムに唇を許した。ジムはテイトの裏をかくためピンダレストをおびき出そうとしが、気づいたテイトはジムを追い、手負いのジムはクリスの家に逃げ込み、来合わせたエミイの介抱を受けた。夜に入って家はテイトとその部下に包囲され、ジムたちは皆殺しの危機に陥ったが、ひそかに敵方の裏にまわったジムは中のエミイらと協力してテイトを撃ち倒した。 (Movie Walker)

関連記事

  1. She Wore the Yellow Ribbon (1949) / 黄色いリボン

  2. Fort Apache (1948) / アパッチ砦

  3. My Darling Clementine (1946) / 荒野の決闘

  4. Red River (1948) / 赤い河

  5. They Died with their Boots On (1941) / 壮烈第七騎兵隊

  6. The OxBow Incident (1943) / 牛泥棒

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。