My Darling Clementine (1946) / 荒野の決闘

『荒野の決闘』(こうやのけっとう、My Darling Clementine)は1946年のアメリカ映画。ジョン・フォード監督による西部劇映画の古典的な作品である。主演はヘンリー・フォンダ。OKコラルの銃撃戦を題材としている。詩情溢れる西部劇の傑作として名高い。
ジョン・フォード監督作品の西部劇映画の中でも『駅馬車』と並んで、最高傑作と評されている。『駅馬車』が動の西部劇なら、『荒野の決闘』は静の西部劇との声もある。また、平和でのどかな「日曜日の朝」の描写は秀逸。

My Darling Clementine (1946) / 荒野の決闘のあらすじ

ワイアット(ヘンリー・フォンダ)、モーガン、バージル、ジェームズのアープ兄弟は、牛追いとなってカリフォルニアまで牛の群れを運んでいた。途中の荒野で、クラントン一家の当主オールド・マン・クラントンと長男のアイクに出会う。牛を売れと執拗にもちかけられるが、ワイアットは断った。近くにトゥームストンという町があることを教わり、今晩行ってみようと答える。
 泥酔したインディアン・チャーリーが、拳銃をぶっ放して暴れていたのだ。命が惜しい保安官は及び腰になり、その場で町長にバッジを返し退職を表明した。落ち着いて髭も剃れない状況に業を煮やしたワイアットは、無法者が篭城している娼館に二階の窓から侵入。頭を殴って気絶させ、引き摺り出してきた。感激した町長は、この町の保安官になってくれないかと依頼する。彼はワイアットの名前を聞き、有名なダッジシティの保安官だと驚くが、ワイアットは「元」保安官だとすげなく断る。
三人が野営地に戻ってみると、牛の群れは一頭もいなくなり、射殺されたジェームズの遺体が無言で豪雨にうたれていた。

関連記事

  1. Red River (1948) / 赤い河

  2. She Wore the Yellow Ribbon (1949) / 黄色いリボン

  3. They Died with their Boots On (1941) / 壮烈第七騎兵隊

  4. Fort Apache (1948) / アパッチ砦

  5. Blood on the Moon (1948) / 月下の銃声

  6. The Treasure of the Sierra Madre (1948) / 黄金

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。