The Searchers (1956) / 捜索者

『捜索者』(そうさくしゃ、原題:The Searchers)は、1956年製作・公開のアメリカ映画。ジョン・フォード監督の西部劇映画であり、フォード作品の看板俳優ジョン・ウェインが主演している。1954年に発表されたアラン・ルメイの同名小説が原作であり、中年の復員軍人がインディアンによって誘拐された姪を救出するための旅を続ける姿を詩情豊かに描いている。フォードは本作について「家族の一員になることの出来なかった一匹狼の悲劇」と評している。

 ・ YouTube Cinema : 捜索者(字幕版)

The Searchers (1956) / 捜索者のあらすじ

舞台は南北戦争が終わってまだ間もない、1868年のテキサス。南部連合の一員として従軍したイーサン・エドワーズ(ジョン・ウェイン)は数年ぶりに故郷の兄の家を訪れ、一家の歓待を受ける。兄のアーロン、兄嫁のマーサ、ルーシーとデビー(ナタリー・ウッド)の姉妹、長男のベン。懐かしい面子に囲まれしばし寛ぐイーサンだったが、かつて成り行きで自らが助け、その後アーロンに家族同然に育てられたインディアンと白人の混血児マーティン・ポーリー(ジェフリー・ハンター)に対して、インディアンに強い偏見を持つイーサンは不快感を隠せない。
その後地域の有力者クレイトン牧師(ワード・ボンド)の要請を受けて、コマンチ族に盗まれた牛の奪還に向かうイーサン。だが、それは彼らを遠くへおびき寄せるためのコマンチ族の罠だった。イーサンとマーティンが家を留守にしている間に、兄の家族はコマンチ族によって虐殺され、生き残ったルーシーとデビーの姉妹も連れ去られてしまう。兄の家族の復讐のため、そしてコマンチ族に誘拐された姪たちを救出するために、イーサンはマーティンと共に何時果てるとも知れない捜索の旅に出るのだった。

関連記事

  1. High Noon (1952) / 真昼の決闘

  2. Shane (1953) / シェーン

  3. Bad Day at Black Rock (1955) / 日本人の勲章

  4. Rancho Notorious (1952) / 無頼の谷

  5. Hondo (1953) / ホンドー

  6. The Gunfighter (1950) : 拳銃王

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。