She Wore the Yellow Ribbon (1949) / 黄色いリボン

『黄色いリボン』(原題: She Wore a Yellow Ribbon)は、1949年製作のアメリカ映画。ジョン・フォード監督作品。日本公開は1951年。
ジョン・フォード監督作品の中の『アパッチ砦』、『リオ・グランデの砦』と並んで「騎兵隊三部作」と評される第2作。退役を目前に迫った年老いた騎兵隊長の最後の6日間を描いた作品。

She Wore the Yellow Ribbon (1949) / 黄色いリボンのあらすじ

1876年。西部の白人達は、一斉蜂起したインディアン種族のために苦境に立たせられた。スタアク砦のブリトルス大尉(ジョン・ウェイン)は老齢のためあと6日で退役の身であったが、最後の奉公としてシャイアン族の掃蕩作戦を指揮することになった。亡き妻と息子の墓に別れを告げた大尉は、東部へ帰る隊長夫人(ミルドレッド・ナットウィック)とその姪オリヴィア(ジョン・ドリュウ)を護衛しつつ、タイリイ軍曹(ベン・ジョンソン)を先導として軍を進めた。しかし、2婦人が出発すべき駅馬車の宿駅はすでに焼き払われており、やむなく隊は砦に馬を返すことにした。オリヴィアをめぐって、若いコーヒル中尉(ジョン・エイガア)とペネル少尉(ハリー・ケリイ2世)の間には恋のさや当てが始まっていたが、1千に余るインディアンに追尾されていることが分かると、隊は個人の愛憎を捨てた。渡河点にコーヒル中尉を残して砦に引き揚げた本隊は、早速ペネル少尉を長として河に引き返した。隊員から餞別の時計を贈られた大尉は、従卒クィンカノン(ヴィクター・マクラグレン)を振切ってひとりカリフォルニアに旅立ったが、渡河点の隊員が気になって馬を返すと果して部下達は苦戦に陥っていた。大尉の作戦で隊はインディアン集落に夜討をかけ、馬を全部追払って敵を抗戦不能におとしいれてから、大尉は西へ去ったが、あとを追って来たタイリイ軍曹が携えてきたのは、彼を左官待遇でインディアン偵察官に任ずるという辞令だった。(Movie Walker)

関連記事

  1. Greed (1924)

  2. Fort Apache (1948) / アパッチ砦

  3. The OxBow Incident (1943) / 牛泥棒

  4. They Died with their Boots On (1941) / 壮烈第七騎兵隊

  5. The Treasure of the Sierra Madre (1948) / 黄金

  6. Stagecoach (1939) / 駅馬車

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。