Rio Grande (1950) / リオ・グランデの砦

『リオ・グランデの砦』(原題: Rio Grande)は、1950年製作のアメリカ映画。ジョン・フォード監督作品。
ジョン・フォード監督作品の中の『アパッチ砦』、『黄色いリボン』と並んで「騎兵隊三部作」と評される最終作。主演のジョン・ウェインが『アパッチ砦』と同じく、カービー・ヨークという名前の役柄を演じており、本作は『アパッチ砦』の続編ともいえる作品となっている。

Rio Grande (1950) / リオ・グランデの砦のあらすじ

カービー・ヨーク中佐(ジョン・ウェイン)は、南北戦争でシェリダン将軍(J・キャロル・ナイシュ)の率いる北軍に参加し、シェナンド谷の妻(モーリン・オハラ)の親族の所有地を焼いたので、怒った妻は1人息子ジェフ(クロード・ジャーマン・ジュニア)を連れて別居してしまった。ヨークは西部でインディアン討伐戦に従っていたが、横暴なアパッチ族は西部を荒らしてはメキシコへ逃れるので、米軍は追うこともならず切歯扼腕するばかりであった。シェリダン将軍は彼の砦へ視察に来たが、その部下に一兵卒として息子のジェフが居り、更にそれを追って妻もついて来た。妻は息子の除隊を願ったがそれは許されず、彼女も砦に居すわることになってしまった。この時アパッチ族の大挙襲撃がありついに将軍はヨークに越境の内諾を与えた。彼を待つものが軍法会議であることを知りつつ、彼は敢然部下を指揮して長駆メキシコへ突入、アパッチの本拠を覆滅した。平和が甦り、ワシントンの軍法会議の判決を待ったヨークには、ついに何らの罰もくだらなかった。

関連記事

  1. Winchester ’73 (1950) / ウィンチェスター銃’73

  2. High Noon (1952) / 真昼の決闘

  3. The Gunfighter (1950) : 拳銃王

  4. Johnny Guitar (1954) / 大砂塵

  5. Rio Bravo (1959) / リオ・ブラボー

  6. Shane (1953) / シェーン

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。