Hondo (1953) / ホンドー

Hondo (1953) / ホンドーは、米国の西部劇映画。ジョン・ウェイン主演、ジョン・ファロー監督。

「男の叫び」と同じくジョン・ウェインが主演し、ロバート・フェロウズが製作するウェイン=フェロウズ・プロ1953年作西部劇で、「荒原の疾走」のジョン・ファーロウが監督した色彩3・D映画。

Amazon : ホンドー リマスター版 [Blu-ray]

Hondo (1953) / ホンドーのあらすじ

騎兵隊の偵察兵ホンドー・レーン(ジョン・ウェイン)は馬を失い、息子と共に夫の留守を守るアンジー(ジェラルディン・ページ)の牧場で一夜の宿を借りる。ホンドーが去った後、牧場はアパッチ族の襲撃を受けるが、アンジーの息子を気に入った酋長は牧場を狙わないと約束する。一方、アパッチ族の蜂起を知ったホンドーは牧場へ馬を走らせるが、別の酋長がアパッチ族を引き連れて再び襲いかかろうとしていた……。

Hondo (1953) / ホンドーのあらすじ

1874年頃、騎兵隊の分遣隊長ホンドー(ジョン・ウェイン)は、インディアンとの小戦闘で馬を失い、アンジー(ジェラルディン・ペイジ)と小さな息子ジョニーの住む牧場に辿りついた。アンジーの夫は家を飛出したまま帰ってこないのだった。ホンドーが馬を買って去って行ったのち、アパッチ族が蜂起し、アンジーの牧場も襲われたがジョニーの勇気が気に入った酋長ヴィットロは、アパッチはこの牧場を狙わぬと約束した。ホンドーは国境監視所で友人バッファロからアパッチ総蜂起を知らされた。酒場で彼はアンジーの夫エド・ロウと会い大喧嘩をしたが、アンジーたちが心配になって立入禁止の命を冒して馬を牧場に走らせた。そのあとを追ったロウともども彼らはインディアンに遭遇し、防戦しているうち、インディアン本隊に捕えられた。そのまえにロウは卑劣なことをしようとしてホンドーに射殺された。副酋長シルヴァはホンドーを拷問したが、ヴットロはホンドーの我慢づよさに感心して、ルヴァと一騎打ちをさせることにした。ホンドーは勝ったが、相手を見逃してやった。牧場を訪れたホンドーを自分の夫だとアンジーが偽ったのでインディアンたちは引上げた。ホンドーはロウを殺したことを言えずにいたが、アンジーは牧場にやって来た巡羅隊から事実をきき、彼を快く許した。ヴィットロが死に、シルヴァに襲われる危険を感じたホンドーとアンジーは牧場を引上げることにきめたが、一行が町につかぬうちに案の定インディアンに追いつかれた。しかし、ホンドーがシルヴァを倒したのでインディアン軍は退いた。晴れて安全になったホンドー、アンジー、ジョニーは、カリフォルニアの牧場へと旅を進めるのだった。(Movie Walker)

関連記事

  1. Rancho Notorious (1952) / 無頼の谷

  2. Winchester ’73 (1950) / ウィンチェスター銃’73

  3. The Gunfighter (1950) : 拳銃王

  4. The Searchers (1956) / 捜索者

  5. Johnny Guitar (1954) / 大砂塵

  6. Rio Grande (1950) / リオ・グランデの砦

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。