Rio Bravo (1959) / リオ・ブラボー

『リオ・ブラボー』(Rio Bravo)は、ハワード・ホークス監督、ジュールス・ファースマンとリイ・ブラケット脚本、ジョン・ウェイン主演の1959年の西部劇映画。原作はB・H・マッキャンベルの短編小説。

Rio Bravo (1959) / リオ・ブラボーのあらすじ

メキシコとの国境に近いテキサスの町で保安官のチャンス(ジョン・ウェイン)は、殺人犯ジョーを確保したが、この地方の勢力家でジョーの兄・バーデットが、保安官にジョーの身柄を移動させないよう部下に命じて町を封鎖したため、チャンスは連邦保安官が来るまでわずかな味方とともにバーデット一味と戦うことになる。チャンスの味方となるのはアル中の保安官補デュード(ディーン・マーティン)、年寄りの牢屋番スタンピー(ウォルター・ブレナン)、早撃ちの若者コロラド(リッキー・ネルソン)、そして女賭博師で踊り子のフェザーズ(アンジー・ディキンソン)。孤立した彼らの耳に聞こえるのは敵が一晩中、流す『皆殺しの歌』だった。

関連記事

  1. High Noon (1952) / 真昼の決闘

  2. The Gunfighter (1950) : 拳銃王

  3. Broken Arrow (1950) / 折れた矢

  4. The Man from Laramie (1955) / ララミーから来た男

  5. Johnny Guitar (1954) / 大砂塵

  6. Bad Day at Black Rock (1955) / 日本人の勲章

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。