High Noon (1952) / 真昼の決闘

『真昼の決闘』(High Noon)は1952年製作のアメリカ映画。フレッド・ジンネマン監督による西部劇映画である。保安官が自分一人で殺し屋四人と立ち向かわざるを得ないという内容のジョン・W・カニンガム(John W. Cunningham)が書いた短編2ページの原作「The Tin Star (1947) 」に基づく映画。
主演がゲイリー・クーパーで、歳を重ねて渋味のある中年男の孤独と苦悩を演じてアカデミー賞の主演男優賞を獲得し、後にモナコ王妃となったグレイス・ケリーが妻役を演じている。また音楽を担当したディミトリ・ティオムキンが同じくアカデミー歌曲賞を受賞した。

・ YouTube Cinema : 真昼の決闘 (字幕版)

High Noon (1952) / 真昼の決闘のあらすじ

ウィル・ケイン(ゲイリー・クーパー)はハドリーヴィルという町の保安官。彼は結婚したばかりで、その日を最後に退職する予定であった。そのウィルの元に、以前彼が逮捕した悪漢フランク(リー・ヴァン・クリーフ)が釈放され、正午の列車でハドリーヴィルに到着するという知らせが舞い込む。フランクは彼の仲間と共に、ウィルに復讐するつもりであった。
ウィルはエミイと共に逃げようとするが、思い直して引き返す。父と兄を殺された経験を持つクエーカー教徒のエミイ(グレイス・ケリー)は、正義よりも命の方が大事だと説得するが、彼の意思は固い。ウィルは仲間を集めに奔走するが、誰も耳を貸さない。判事は早々に町から逃げ出した。保安官補佐のハーヴェイは腕はいいが精神的に未熟な若者で、ウィルの後任に自分が選ばれなかった恨みと、かつてはウィルやフランクの恋人だった婚約者のヘレンとの因縁もあって協力を断る。酒場の飲んだくれ達はウィルよりもフランク一味を応援している始末。教会では意見が分かれて議論になるが、結局ウィルが町を去るのが一番良いという結論が出る。保安官助手たちは居留守や怪我を理由に辞退する。結局一人も集まらないまま、フランクの乗った汽車が到着し、4人の悪党相手にウィルの孤独な戦いが始まった。
ヘレンはハーヴェイにも町にも愛想を尽かし、エミイを連れて汽車に乗ったが、銃声が鳴り響くと、エミイは飛び出して戻っていった。ウィルは建物に隠れながら応戦し、2人を倒したが、肩を撃たれてしまう。そこへエミイが来て1人を撃ち倒すが、フランクに捕まってしまう。フランクは彼女を人質にとってウィルを誘い出すが、エミイが抵抗してひるんだ隙にウィルに撃たれる。住民が集まるなか、ウィルはバッジを足元に捨てると、エミイと共に去っていった。

関連記事

  1. Broken Arrow (1950) / 折れた矢

  2. Rancho Notorious (1952) / 無頼の谷

  3. Hondo (1953) / ホンドー

  4. Rio Bravo (1959) / リオ・ブラボー

  5. Bad Day at Black Rock (1955) / 日本人の勲章

  6. Shane (1953) / シェーン

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。